乗馬

馬はアメリカ原産ですか?馬はどこで生まれますか?

馬はアメリカ原産ですか?馬はどこで生まれますか?

馬はアメリカの文化と民間伝承の中心であり、古代の開拓者、カウボーイ、西部開拓時代、そして平原の自由と密接に関連しています。さらに、北米の広大な広場を歩き回る野生の馬のイメージは誰もが知っています。

しかし、馬はどこから来たのでしょうか?彼らはどこで開発しましたか?そして、どのようにしてムスタングはその北米の範囲全体でそれ自体を確立するようになったのですか?あなたが探している答えをあなたに与えるために、ここで私たちは質問を議論します、馬は北アメリカ原産ですか?

アメリカでのフリーローミングマスタングについてもっと知りたい場合は、読む前にこのドキュメンタリーをチェックすることもできます。

北米における馬の祖先の進化-初期の始まり

 

馬が南北アメリカに自生しているかどうかは、最初に見られるよりも複雑で物議を醸す問題ですが、確かなことの1つは、今日の馬の祖先が北アメリカで進化したことです。

現代の馬は、ロバやシマウマとともに、ウマ属として知られているより大きな動物の家族の唯一の残りの属であるウマ属に属しています。

何百万年もの進化の過程で、他の多くのウマ属(複数の「属」)が出現し、絶滅しましたが、現在、生き残っている属はエクウスだけです。

Equidaeファミリーの最古のメンバー、そして今日の馬、ロバ、シマウマの祖先の中には、エオヒップスと呼ばれる生き物がいます。

その名前は「夜明けの馬」を意味し、この現代の馬の古代の祖先は、主にワイオミング川の風の盆地で見つかった始新世初期の堆積物から知られており、約5,200万年前に最初に出現したことを意味します。

しかし、エオヒップスは、私たちが今日馬として考えているものとはあまり似ていなかったでしょう。それはキツネと同じくらいの大きさで、すべてのつま先がありましたが、原始的なひづめが発達し始めていました。

エオヒップスはおそらく森に住んでいて、柔らかい葉や果物を食べていました。実際には、体のサイズに比べて長い脚など、速度にある程度の適応が見られました。

エクウスの外観

写真

数百万年以上にわたって、エオヒップスの子孫が進化し、おそらく約400万年前にEquus属を生み出しました。これらの初期のタイプの馬はまだ現代のではありませんでしたが、今では私たちが馬として知っているものに近づいています。

Equusの最も古い種の1つであるEquussimplicidens (Hagermanの馬としてよく知られています)は、約350万年前に出現し、 20世紀初頭にアイダホ州Hagermanの化石で最初に発見されました

ヘイガーマンの馬は、ロバのような頭を持ったずんぐりしたシマウマに似ていたのかもしれません。

ユーラシア大陸への移住と南北アメリカでの絶滅

 

ヘイガーマンの馬のような動物は北アメリカで繁栄し、約2〜300万年前には、おそらくベーリングランドブリッジを横断してユーラシア大陸に渡った動物もいました。

それ以来、Equus属のメンバーは、北米とユーラシアの間を何度か行き来したと考えられています。

また、ユーラシア大陸からアフリカ大陸に動物が戻る前に、北米の個体群が数回絶滅したと考えられています。

最終的な絶滅はおそらく約13、000〜11、000年前に北米で発生し、エクウスのメンバーがユーラシアに移動していなかったとしたら、この属は完全に絶滅していたでしょう。

家畜化と南北アメリカへの回帰

 

物語の最も受け入れられたバージョンによると、現代の馬、ベーリングランドブリッジを渡った動物の子孫であるEquus ferus caballusは、おそらく紀元前3500年以前に中央アジアで最初に家畜化されました。

そこから、飼いならされた馬はユーラシア大陸全体に急速に広がり、そこで彼らは多くの文化で重要な役割を果たしました。

その後、スペインの探検家が南北アメリカに到着したとき、彼らは馬を連れてきました。

最初のスペイン馬は、1493年にコロンブスによって2回目の航海でバージン諸島に輸送され、その後1519年からアメリカ本土に運ばれました。

これらの馬のいくつかはなんとか逃げたり盗まれたりしたと考えられており、その後、これらの野生の馬は北アメリカの一部に住むようになりました。これらの動物の子孫は、今日のアメリカの牝馬の群れの大部分を占めています。

「元の」対「提出」の議論

 

現在、米国には約9万頭の自由奔放な牝馬がおり、「野生」馬と呼ばれることもあるが、スペイン人と共に到着した飼いならされた品種の子孫であるため、技術的には「野生」と呼ばれるべきである。

しかし、その地位をめぐる論争はある程度あり、再導入された飼いならされたスペイン馬が、約13、000〜11、000年前に北米で絶滅したのと同じ種であると見なすことができるかどうかについての議論があります。

彼らはエクウス属に属していたが、北米で絶滅した馬はエクウス・フェルス・カバルスとは異なる種に属していたことが認められ、化石記録はこれを支持しているようだ。

過去には、古生物学者が発見した化石を調べたとき、彼らは動物をその身体的特徴に従って分類していました。これは伝統的な方法論であり、古生物学者は他の証拠をほとんど持っていないことが多いため、これは論理的な作業方法です。

多くの例の中には、ユーコン馬としてよく知られているエクウスランベイがあります。この動物と現代の馬との明らかな身体的違いのために、ユーコン馬は、密接に関連しているものの、別個の種として分類されています。

同じことが他の絶滅したエクウスの種にも当てはまり、北米の化石記録に示されている動物は現代の馬と同じ種ではないというのが一般的な見方でした。

馬が在来種であることを支持する議論

最近、研究者たちは現代の技術、特にミトコンドリアDNAを調べる技術を使用してこのトピックにさらに光を当て始めており、その結果は以前に受け入れられていた理論に疑問を投げかけています。

たとえば、ヘルシンキ大学動物学研究所の研究者アン・フュルシュタインは、ユーコン馬の凍った死骸からのミトコンドリアDNAを調べ、それが以前に予想されていたよりも現代の馬とより密接に関連していることを発見しました。

ユーコン馬は、現代の馬には見られない特定の身体的特徴を持っていますが、遺伝的に言えば、現代の馬と同じ品種と見なされるのに十分に近かったです。どちらも同じ種類の動物の亜種にすぎません。

何でこれが大切ですか?

 

これが何を意味するかを説明するために別の例を見てみましょう。

現代の飼いならされた犬について考えると、今日の世界にはさまざまな品種があります。ロットワイラーのような大きくて頑丈なものから、チワワのような小さくて繊細なものまで、あらゆる形とサイズがあります。

遠い将来の古生物学者がロットワイラーとチワワの化石を他の情報なしで発見し、2匹の動物の外見だけで判断した場合、それらはおそらく異なる種と見なされます。

しかし、私たちはそれらが同じ動物の単なる異なる亜種、または亜種であることを知っています。遺伝的に言えば、それらは非常に似ています。

DNA分析からの新しい情報に基づいて、一部の人々は現在、ユーコンと現代の飼いならされた馬が同じ種に属していると信じています-ちょうど2つの密接に関連した亜種。

私たちがこの見解を受け入れるならば、この種はスペイン人が到着するずっと前にすでにアメリカ大陸にいたので、これは重要な関係を持っています。これは、スペイン人が新しい種を導入するのではなく、単に絶滅した在来種を持ち帰っていたことを意味しました。

なぜそれが重要なのですか?

 

一部の人々は、この議論全体をいくぶん抽象的で学術的だと考えるかもしれません。結局のところ、現代の飼いならされた馬が、絶滅する前に北米に存在していた馬とは異なる種であるか、または単に異なる亜種であるかどうかはどうでしょうか。

ただし、この議論は現実の世界にも影響を与えるため、名前や分類だけではありません。

米国では、政府機関は、在来種を害する可能性のある侵略的および非在来種から保護することにより、在来種の世話をする必要があります。一般的に、これには、在来種の数を減らすことや、非在来種および有害と見なされる種を排除することも含まれます。

その結果、米国内を自由に歩き回る馬を帰国種として分類するか、非在来種として分類するかは、その扱い方に測定可能な影響を及ぼします。

これまでのところ、問題は完全には解決されていません。現時点では、マレソームはまだ非在来種と見なされています。しかし、その文化的重要性は米国で認識されているため、人口管理にもかかわらず、ある程度は許容され、保護されています。

同時に、牝馬は本質的に絶滅した北米の馬と同じ種であるため、他の北米の種と同じ地位と保護を与えられるべきであると主張する人もいます。

「ワイルド」vs.「ワイルド」vs.「国内」

 

論争の少なくとも一部は、私たちが「野生」動物、「野生」動物、および「ペット」と呼ぶものの違いから生じています。

理論的には、定義は簡単です。ヌーは祖先が家畜化されたことのない動物であり、シマウマは野生に逃げ込んだ家畜の子孫である動物です。

しかし、「飼いならされた」動物とは何ですか?

この質問に答えるには、飼育下の動物園のシマウマと飼いならされた馬の違いを検討することが役立ちます。「飼いならされた」と「飼育された」は2つの異なるものだからです。

飼育下のシマウマは、飼育下の親から飼育下で生まれたとしても、依然として野生動物です。時々、あなたが乗ることができる飼いならされたシマウマを見つけることができるかもしれません、しかしほとんどのシマウマでは、彼らの気質と生理学のために乗ることは不可能です。

一方、飼いならされた馬は、従順さ、穏やかな気質、跳ねる意欲、そしていくつかの品種では働く意欲を含む特定の特徴を好むために、何世代にもわたって品種改良されてきました。

(これは、元の古代の野生の馬がすべて訓練不能であったことを意味するのではなく、飼いならされた馬が彼らの乗馬をより乗りやすくするために選択的に飼育されたことを意味します。)

飼いならされた犬やオオカミについても同じことが言えます。飼育下のオオカミの子孫をペットの犬のように飼うことはできません。飼育下で生まれましたが、それでも野生動物です。

問題は、家畜化のプロセスと何千年にもわたる品種改良によって馬がどの程度変化したか、そして現代の家畜馬は野生の祖先と実際にどの程度異なっているかということです。

世界のどこかに野生の馬は本当にいますか?

おそらく、この質問に取り組む1つの方法は、野生ではなく野生の馬のグループを調べて、それらが国内の馬とどのように異なるかを確認することです。しかし、そのような動物はまだ存在していますか?たぶん。

ターパンとして知られる1人の候補者は、最近まで野生に住んでおり、最後の既知の個体は1909年に飼育下で死亡しました。これらの動物は、18世紀19世紀にロシアの草原を歩き回っていましたが、本当にワイルドまたはただの残忍さ。

別の可能性は、いわゆるPrzewalskiの馬です。この動物は以前に野生で絶滅したと宣言されていましたが、飼育下の動物は残り、1990年代に野生に再導入されました。

しかし、かつて世界で最後に残った真の野生馬であると考えられていたこれらの動物でさえ、遺伝子分析はそれらが実際に古代の飼いならされた馬に関連している可能性があることを示しています。飼いならされたことはありませんでした。

これは、野生の馬が人間と接触する前に、その生理学と気質の点で、何年にもわたる家畜化によって野生馬がどの程度変化したかを知ることができないことを意味します。

しかし、彼らの生き方に戻るペルシャ人の自然な能力は、ある程度の「野生」がまだ種に存在していることを示唆しています。

馬は南北アメリカ原産ですか?はいといいえ

したがって、馬が北米原産であるかどうかの問題は、見た目ほど単純ではないことがわかります。馬はかつて南北アメリカにいたことは確かですが、おそらく13、000年から11、000年前に絶滅したのでしょう。

その後、スペイン人が彼らを再紹介し、現在、主な議論は、これらの動物が北米で絶滅する前に存在していた動物とどのように異なっているかに焦点を当てています。これは未解決の問題です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Back to top button