eSports

スノーボードのヒントリスト

スノーボードのヒントリスト

スノーボードの方法を学ぶことは、自然とつながり、その過程で少しアドレナリンを急いでもらいたいと思っている人にとっては素晴らしいことです。ゲレンデに出てスノーボードを始めようとしているなら、ここにあなたの経験を最高のものにするために覚えておくべきいくつかの秘訣と秘訣があります。


スノースキーのヒント

  • 適切なスケートボードを使用する
  • 適切なスケートシューズを選択してください
  • 適切なリンクを見つける
  • 適切なスキーソックスを着用してください
  • 息を呑むようなレイヤーに投資する
  • 防水手袋に投資する
  • 自身を守る
  • 日焼け止めを持参してください
  • あなたが立っている場所を見つける
  • 膝を曲げる
  • 坂を渡って乗る
  • 行きたい場所に目を離さないでください
  • ボードに体重をかけ続ける
  • スピードに慣れてください
  • 進捗状況を計画する

適切なスケートボードを使用する

ゲレンデで成功するには、適切な機器を用意することが重要です。始めるときは、初心者向けにデザインされたスケートボードを必ず見つけてください。さらに、スノーボードに大きなコミットメントをすることを計画している場合は、できるだけ早くレンタルギアから移動するのが最善です。長期的には、スケートボードを借りるにはより多くのお金がかかり、一貫した学習のために毎回同じボードを練習することから利益を得ることができません。

適切なスケートシューズを選択してください

ボードと同じように、レンタルする代わりにスノーボードブーツを購入するのが賢明です。スノーボードシューズを購入する場合、あなたの目標は、ぴったりとフィットし、快適で、ソフトからミディアムソフトの弾力性を持つ靴を見つけることです。フィット感を見つけることは、良いライディング体験をするために重要です。靴が快適にフィットしない場合は、足が大きく動く可能性があります。一方、きつい靴は足、足首、ふくらはぎに不必要な圧力をかける可能性があります。あなたの靴の柔軟性の点で、彼らは少し与えることがあるので、ソフトとミディアムソフトの柔軟な靴は初心者のスケーターに最適です。これにより、特に低速での操作が容易になります。

適切なリンクを見つける

適切なネクタイを持つことは、適切なスケートボードや靴を持つことと同じくらい重要です。リンクは、靴をスケートボードに取り付け、筋肉の動きをボードに伝達するための機器です。最高のライディング体験を実現するには、バインディングが靴とボードに正しくフィットする必要があることに注意してください。リンクが大きすぎると、コーナリング時に雪の中でドラッグすることにより、ボードにぶら下がって速度が低下する可能性があります。リンクが小さすぎると、スケートボードを絞って回すのが難しくなります。

適切なスキーソックスを着用してください

適切な種類の靴下を履くことの重要性を過小評価しないでください。綿の靴下やニーハイの運動靴下は、足の甲に不均一な圧力がかかるため、避けてください。これは痛みを伴う可能性があり、綿は汗を吸収して足を濡らします。また、靴下を2足履かないでください。不必要な摩擦が生じ、靴の張りが増します。最高のライディング体験を提供するために、高品質のスノーボードソックスに投資することを検討してください。

息を呑むようなレイヤーに投資する

これは、快適なスノーボード体験をするために非常に重要です。熱的で通気性のあるレイヤーは、すべてのスノーボーダーのワードローブの重要な部分です。このタイプの衣類はあなたの体から湿気を引き出し、同時にあなたを暖かく保ちます。綿の衣類は汗を吸収し、肌が呼吸できないので避けてください。ポリエステルやメリノウールなどの素材が最適です。

防水手袋に投資する

あなたは防水と暖かい手袋のペアを見つけたいと思うでしょう。初心者のスノーボーダーは、転倒したときに地面から拾うために手をよく使う傾向があります。このため、一日の終わりに手を浸さないように、高品質の手袋を用意することが重要です。

自身を守る

あなたがフィギュアスケートの初心者であるならば、あなたはあなたが時々落ちるという事実を受け入れなければなりません。このため、保護用の膝パッド、ショートパンツ、スキーヘルメットを着用して転倒に備えることが重要です。スノーボードはやや危険なスポーツになる可能性がありますが、適切な予防策を講じることで怪我を防ぐことができます。

日焼け止めを持参してください

身を守ることの一部は、斜面にいるときに日焼け止めを塗ることを意味します。雪は紫外線の80%近くを反射します。つまり、スノーボードの際の太陽への露出は、通常の2倍近くになります。スノーボードをするときは、日焼け止めと唇の保護の小さなチューブをポケットに入れておくことを検討してください。

あなたが立っている場所を見つける

スケートボードを踏む前に最初に知っておくべきことは、あなたの態度です。スノーボードは片道です。つまり、左足または右足を前にして斜面に乗ることができます。左足を前に出すのは普通ですが、右足を前に出すのはグーフィーと呼ばれます。レギュラーに乗るべきかグーフィーに乗るべきかを判断する良い方法は、誰かに後ろから押してもらい、どちらの足が最初に前に倒れるかを判断することです。これにより、どちらの脚が前脚であるかがわかります。

膝を曲げる

スノーボードをするときに覚えておくべき最も重要なことの1つは、膝を曲げることです。膝を曲げると、斜面の凹凸をより効果的に吸収できるようになり、起伏の多い地形で特に重要になります。初心者がスロープから落ちる最も一般的な理由の1つは、ボード上で直立しているためです。

坂を渡って乗る

スノーボードに慣れていない場合は、坂をまっすぐ下るのではなく、坂を横切ってスピードをコントロールできることが不可欠です。ランプを前後に走ることで、自然に速度をチェックし、速すぎて思わずクラッシュするのを防ぎます。

行きたい場所に目を離さないでください

これは単純に聞こえますが、下り坂を走行するときは覚えておくことが重要です。あなたは自然にあなたが見ている方向に行くでしょう。あなたの肩はあなたの頭に従い、あなたの腰はあなたの肩に従い、そしてあなたのボードはあなたの腰に従います。ですから、坂をまっすぐ下りたいが右を向いている場合、体は自然にその方向にねじれようとします。また、乗車中は雪を見ないようにしてください。頭を上げて行きたい場所に集中してください。そうすれば、ボードをよりうまくコントロールできるようになります。

ボードに体重をかけ続ける

傾斜した状態でバランスを保つときは、かかととつま先の間に体重を均等に置くことを忘れないでください。どちらかの方向に曲げすぎると、バランスが崩れて転倒する可能性があります。背中をまっすぐにして、スケートボードの真ん中に集中するようにしてください。

スピードに慣れてください

始めたばかりの場合は不快な場合もあれば、少し怖い場合もありますが、スロープでスピードを上げると、スケートボードで行うすべてのことが簡単になります。スピードは、雪の中で立ち往生したときにターンを開始してボードを動かすのに役立ちます。これまでにゲレンデに出たことがない場合は、気楽に行ってもかまいませんが、スノーボードに関してはスピードが友だちであることを忘れないでください。

進捗状況を計画する

あなたが良いスケーターになることを真剣に考えているなら、あなたがどのように進歩するかについて計画を立てることが重要です。この計画は、同じレベルにとどまるのではなく、改善して新しいことを試すことを奨励します。スノーボードのレッスンは、計画を立てるのに役立ちます。スノーボードのインストラクターは、どのように進歩するか、そしていつより高度なテクニックを試すべきかについてのヒントをあなたに与えることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Back to top button